食事

おとつい

大学生協でバイトをしている3年生から
大学のアレコレを聞いている際

ミールクーポンの話になった。

ミールクーポンとは、親が食事のお金を払っておくと、学生は、毎日1400円まで使えるカードのこと。

何を食べたかも、親が知ることができるので、ちゃんと食べたか心配な親にもちょうどよいシステムなんだそう。

その時に、彼が
「僕なんか忙しいから、朝の8:30には家を出て、帰ってくるのはだいたい夜の10時ぐらいですからねぇ。ご飯なんて作ってる暇ないんですよ。」
と、言っていた。

ご飯を作るのは暇だから作るんじゃないのよ。

生きるために、作るの。

自分一人だったら誰かに作ってもらった食事を食べ続けたらいいけど、子供ができたらどうするの?

子供ができて、その子を育てていかなくちゃいけないのに、暇がないから作れない。なんて言い訳をするのかしら。

ご飯はね。

忙しかろうがなんだろうが、しっかり作らなきゃ食べれないの。

学食は、誰が作ってくれてるの?

誰かが作ってくれたものを食べているのよ。

時間がなくてご飯が作れないなんて、言っちゃだめよ。

私は、同じ時間ぐらい働いているけれど、子供のことを思い、ご飯を準備して、掃除洗濯、介護も少しやっているわ。

時間がなくて完璧にできないけど、最初から諦めたりなんかしてないわ。

勉強が一番じゃないのよ。

豊かに生きるために今があるの。

今、心が豊かでないといけないのよ。

それも全部、勉強のうちよ。

忙しいと言えば言うほど

心が無くなっていくのだと思うわ。

みんな笑顔で!

ファイトファイトファイト!

山本 美枝

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表