3/19

もう、3月の19日か。

あっという間に

3月が終わるんだろうな。

月末には娘も帰るという。

一年ぶりの帰省。

帰省?

と、娘が帰省の定義を求めてきますが

親がいるところが、まぁ、ふるさとということにしてくださいな。

コンロの上のまな板。
今日は、ミモザサラダ。荒目のミモザ。野趣あふれるミモザ。
娘はまた大阪観光へ。私は家で、いつものようにお昼ごはん。
おかずも欲しい。と、おばんざい。←うまげに言うてみたつもり。
カメラをひいたら、隣にはラップおにぎり。というか、余ったラップ飯。
娘がお土産を買って帰ってくれる。阪急百貨店のデパ地下のケーキだそう。
一つが700円ほどのケーキ(大きいほう)。全部で2000円だった。という。

娘よ。家計簿つけようか。金銭感覚…

娘が出掛けている間、私は270円のトリムネ肉を削いで削いで削ぎ切りにし、あと残り少しとなったシソを1枚4つほどに切りわけ、それぞれマキマキする。
色が…茶色
キラキラのケーキ!

私の誕生日お祝いと、娘の誕生日お祝いを兼ねたケーキだそうです。

買ってきてくれてありがとう。

2人でおいしく食べました。

今日

調子があまりよくない娘に

鍼を打たせてもらいました。

娘も、体の調子が悪いと自覚しているので、打っていいよ。と言ってくれ

鍼を入れました。

すると、娘がポロポロポロポロ泣き出すではありませんか。

柿の木でも、治療の最中に、涙が出てきた方が何名かおいででしたが、娘は

「人生で一番泣ける。」

だそうです。

私は鍼をしながら涙をふいてやり、そして落ち着くと、今度は笑いながらもっと泣くのです。

よっぽど悪いんやなぁ。と思いながら

今日も一生懸命鍼をしました。

その後は、母親だけができる娘へのマッサージです。

皮膚症状も出ている娘に、保湿クリームを塗りながら、全身ゆっくりマッサージします。

こんなになるまでほっておいて。

心配は尽きませんが、大阪にいる間、娘が少しでも楽になるように。娘の不安を少しでも減らすことができるようにやるだけです。

娘が帰る月末まで、まだ、ある。

精一杯やるのに、時間の量は関係ないです。

時間があることに、心から感謝して過ごします!

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表

©2016-2022 Mie Yamamoto