3/18

娘の状態が悪い。

おかしいな。おかしいな。と言うので見てみると、またぶり返している前兆のようにも思える。

それを言葉にして出すと

娘が怖がるので

心にしまって

私のできる限りのことをする。

鍼をさせてくれたらいいのだけれど

鍼は怖いといって、受けてくれない。

必死でマッサージをして

必死で全身調整をして

必死でしても

普通だったら良くなっていく体も

頑固で好転しようとしてくれない。

くそっ

私の大阪での使命は

娘の悪いほうに傾こうとしている体を

全力で止めることです。

今まで学んだ全ての技術は

娘のために。

私のもつ知識も全て

娘のために。

私の全ては

娘のためにあります。

くそっ

無力過ぎて悔しくなるけれど

何が心締め付けられるかって

娘には心配させまいと、笑顔でいることが

何とも言えず

心がきゅっとなります。

きゅっとなって

心が苦しいです。

買った食パンを使いきるまで、朝は贅沢に洋食です。ラップが美しくないけれど、味は100点。娘の喜ぶ顔で、さらに幸せ度がアップ。
12:00がくるとお腹がすくシステムになっている山本の体。

7分で作る母をみて、ビックリする娘。

お肉はないので鰹節を散らす。だしとり用のやつだけど。娘が美味しい!と、これまた感動してくれる。そんなに喜んでくれるなら、なんでもするよ。よかった。

娘が感動したどら焼。香川の名産。
ちょっと散策してくる~と出かける娘。携帯を忘れるの図。ちゃんと戻ってくるか心配してたらちゃんと戻ってきた。よかった。
娘と夕食。じゃがいもの味噌煮。葉ごぼう。菜の花のごま和え。
そしてご飯は葉ごぼうの炊き込みご飯。
角度を変えて撮ったとて、どれも一緒やで、山本よ。

華奢な娘の体。

あの子のストレスを、全部とって、私が引き受けたい。

娘が大阪にいる間の私の課題ができました。

くそーっ

くそーっ

くそーっ

病気め。

娘のところに、来るな。

向こう行って、もう二度と帰ってくるな。

もう、向こう、いっとって。

©2016-2022 Mie Yamamoto