幸せな日

幸せな日だ。

今日のお昼は

妹が

昨日から

「美味しいコロッケパンがあるんだよ。」

と話をしてくれて

私が

「私の知ってるマルナカのコロッケパンも美味しそうよ。」

という話になって

さて、どっちが美味しいコロッケパンか

食べ比べてみよう。

ということになり

妹はイチオシのコロッケパンを買いに行ってくれたのだけれど

たまたま私のほうも

妹のほうも

コロッケパンがなく

少しお高いカツサンドを買って帰ったのでございます。(家で気づく。)

いざ、実食。

おお!

カツが厚いぞよ。

パンからはみ出ているぞよ。

(3つの穴は私の指の押圧ね。)

期待しちゃう。

うん!カツサンド!

立派なカツサンド!

そして私が買ってきたカツサンド。

あれ?

端っこどうした?

端っこはどこかのお弁当に入るのかしら?

ちょっと見た目からねぇ。

などと話しながら一口ぱくり。

うわぁ。

美味しい。

決定。

こっち。

全然違う。

しかも、安いのは端っこないほうね。

素晴らしい!

と、そんなこんなで

キャーキャー言いながらご飯を食べた今日は

とっても幸せな日。

午後は娘のところに

受験費用を渡しに出かけ

お金は新聞受けにポトンと入れる。

娘がいない時には部屋に入りません。

私は娘に

お米を食べてもらいたく

つぼ漬けやら

海苔の佃煮やら

鰯の缶詰、焼き鳥の缶詰を←食べたこともないのに

ドアノブにかけてきました。

娘に何かしてやれるのは幸せなことです。

めっちゃ。ね。

そのあと、

とっても忙しい方と

お話をすることができ

こないだの南珈琲店で

楽しいおしゃべりをすることができました。

人と出会えるその確率と。

心を話せるその確率と。

こんな地方の高松で

ふと会えて

心を話せた

その奇跡が

とても幸せでした。

ありがとうございました。

その後は仕事へ。

スタジオに

みんなが集まってくれる。

なんて幸せなことか!

私は本当に幸せもの。

みんなからもらった幸せを

今度はみんなにお返ししたい。

私はもういいから

みんなが主役になって

羽ばたいてほしい。

私は私で

みんなの支えになれるよう

もっと野太く

もっと力持ちにならなくては。

そう、思います。

そう思えるのも

また

特別に幸せなこと。

私はいつも幸せの中です。

みんなのおかげや。

ありがとう。