錯覚作戦

むちゃくちゃ楽しかった!誕生日!パパが来るところから“携帯忘れたので少し遅れます。”と連絡がきて他の友達やお客様なら何にも思わないのにむしろ、慌てずゆっくり来てね。と思うのにパパだとイラッとするわけ。娘に、「いいじゃないの。携帯大事よ。」と諫められパパが到着。そこから陽がまだ暖かいうちにお花見がてら家族で散歩がしたかったのよ!私は!そして、3人でワイワイ散歩。近くの神社まで歩いてでかけパパの髪!何とかしてもらおう!←パパは海老蔵さんに似ているのでと隣の神社へ移動。大人二人は腰いてー。膝がー。など言いながら坂道を歩く。私のとっておきの神社へみんなを案内。狛ちゃん。私が狛犬の魅力を情熱たっぷりに話すとパパが目覚める。ほんまやな!何でこっちはボールもってるんや!何でこっちは、ミニ狛犬下敷きにしてるんや!と、狛犬の魅力にはまる。よかった。これでパパの将来の趣味ができた。しかも、タダだ。素晴らしい。よかった。いいことをした。そして家に帰りひたすら私はコロッケ揚げ係。今年はエビフライもついてるの。有頭エビで準備していたのに人生で初めて有頭エビでエビフライをしたもんだから途中で全てのエビが上半身と下半身が分離。…全滅。ということで、エビの頭はお皿に突き刺す感じになってしまった。そしてお待ちかねのケーキ。泡立だたねー一向に泡立だたねーもう、いいや。と、ダラーっとクリームをかけてその上にいちごを飾る作戦に出る。でも、何でだろ。ちゃんとした生クリーム買ったのにな。植物性じゃなかったのにな。残念だ。そして、親が子に全力で歌ってお誕生日を祝う。来年は、こうやってお祝いできないだろうから。ホントにこれが最後かもしれない。そう思うとさみしかったです。
そして、誕生日の恒例行事は、アルバムを見ること。私の子供のころの写真はいっぱい出てきたのに子供の頃、見ていなくてお母さんの口からその時の話を聞きたかったなぁと思っていたので。可愛い娘。一歳の時の誕生日に映した写真です。あれから21年。私は子育てを上手にできなくて本当に怒鳴り散らして育ててしまったけれど写真を見るといつも幸せそうに写っています。それを何回も子供に見せて本当は怒鳴って子育てしたけれど写真は幸せそうなので自分は愛情いっぱいに育ててもらったんだと錯覚してくれるように、との作戦です。どうかこの作戦が上手くいきますように。今日、最後に娘から「今日はどの時を切りとっても楽しかった」しかないわ。ママ、パパを呼んでくれてありがとう。」と言われました。。゜(゜´Д`゜)゜。よかった。パパとママが娘のお誕生日を祝うなんて当たり前だけどコロナのことで当たり前じゃなくなっているところもあるかと思います。そんな中、娘のお誕生日をお祝いしてやれて本当によかった。悩んだけどパパとお祝いできて本当に、よかった。私にとっても、幸せな一日でした。

山本 美枝

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表