更なる

更なる

仕事の断りを入れる。

世の中では「延期」というけれど

私の中で

自ら仕事を断ったら

それはもう延期ではなくて

ゼロになる。という感覚だ。

他のお客様相手のお仕事をしている人は

みんなそうだと思う。

飲食店に予約していて

お店側から

「すみません。ちょっと店の準備ができてないんでまた一週間後に来てもらっていいですか?」

なんて連絡きたら

2度とそのお店に行かないでしょう。

それと同じよ。

それだけ

私は

お客様を大事にしてるわ。

それを断るなんて。

お客様を大切に思うからこそ、だけど。

お客様が戻るか戻らないか、それもわからないから怖いわ。

学校がお休みになってから

一日に一回

外を散歩することにしています。

家から縄をぎりぎり伸ばして道の真ん中で寝ているワンチャンや

生け垣からひょっこり花を咲かせているツツジや

暇そうに公園で遊んでいる中学生ほどのお兄ちゃんとか

色んな様子をみながら

私はまだ頭がスッキリしないまま

毎日を過ごしています。

きっと昔の私なら

この国難に対して自分にできることを見つけて

積極的に動いたり

アクションを起こしたりするのだろうけれど

今の私は

自分をピカピカの泥だんごにしたくて

壊れてはくっつけて

崩れては集めて

泥だんごの最初のところに時間がかかっている感じです。

私の泥だんごが磨かれはじめるのは国試が受かってから。

それまでは

壊れそうになる泥の塊を何とか丸くしようとしているだけです。

国試まであと10ヶ月。

頑張るぞ。