誕生会 2

娘の誕生日のお祝いは

盛大だ。

まるで中国の旧正月のように

数日に渡って

祝われる。

本人がどう思うかどうかは関係なく。

だって!

来年はお祝いしてあげられないので

もう、数年分のお祝いをしてあげたいの!

そして、コロナちゃんのこともあるし

うーん

うーん

考えて

ここにいきました!

さぁ!どこでしょう!

わかる?

逆光だって?

いいの。

私、写真が本職じゃないから!

さぁ、ヒント2

お!

勘のいい人はわかってきましたね!

今日は寒かったなぁ。

さぁ!

どこ!

いくよ!

答え、いきますよ!

はい!

正解!

ここなら、コロナちゃん

大丈夫ではないですか?

外だもん!

との判断できました。

しかしながら、みんなびびるので

橋の上は軽い渋滞が起こりましたが

それでもコロナのおかげでいつものぎゅーぎゅー詰めではなかったので、何とかいけたでしょう。

しかしながら

誕生日祝いなのに

「今日の予算は一人1500円です。」

ときっぱり言い渡し

さっきの味噌だんごで400円。

もう、これは最初から食べる予定だったからね。

1500円の500円はこのだんご予算だから。

そして1串を二人でワケワケして食べて

ママが

朝ご飯は

昨日の残りのタルタルソースしか食べてなかったために←パパが残したタルタルソースを食べた。パパ、らっきょう食べれない。って聞いた瞬間にパパのお皿からタルタルソースを救出してたのよ。食べれるわ。大丈夫。

腹ペコのママの限界がマックスへ。

祖谷蕎麦を食べる。

めっちゃ美味しい!!!

そして祖谷からの帰りに

予算と相談しながら

道の駅も散策。

めっちゃええとこやった!

いつもだったら宴会とかして人がいっぱいやろうけど、誰もレジャーシートひいて食べてる人いなかったから

さっさっさっと歩けた!

そして、予算の最後を振り絞り

ジェラートダブル✨

娘は黒ごまきな粉と桜餅!

私はダージリンといちご!

桜餅めちゃうまでした。

そして家には14:00過ぎ帰宅。

私も娘も

昨日からの疲れもあって

昼寝を爆睡。

そして16時にはむくっと起き上がり

17:00には昨日の残りのコロッケを食べて

娘の全ての誕生会のメニューは終了となったのでございます。

たっぷりお休みさせてもらった。

夜は明日の授業の準備。

科目、今までの中で一番多いやん。

3年の比重が一番でかいやん。

うそやん。

そして、明日のお弁当の準備をして

さぁ!

土日にご連絡いただいている方。

この土日はお休みをいただいてしまいました。

明日から順次ご連絡いたしますのでこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

娘ちゃんと過ごすのもあと1年をきりました。

お互い、これから受験勉強に没頭します。そして、娘を送り出す時には

もう充分といわれるほど

楽しかった思い出と

しつこい親の愛を押しつけたいと思います。

あと1年!

後悔しないように頑張るぞ!

錯覚作戦

むちゃくちゃ楽しかった!誕生日!パパが来るところから“携帯忘れたので少し遅れます。”と連絡がきて他の友達やお客様なら何にも思わないのにむしろ、慌てずゆっくり来てね。と思うのにパパだとイラッとするわけ。娘に、「いいじゃないの。携帯大事よ。」と諫められパパが到着。そこから陽がまだ暖かいうちにお花見がてら家族で散歩がしたかったのよ!私は!そして、3人でワイワイ散歩。近くの神社まで歩いてでかけパパの髪!何とかしてもらおう!←パパは海老蔵さんに似ているのでと隣の神社へ移動。大人二人は腰いてー。膝がー。など言いながら坂道を歩く。私のとっておきの神社へみんなを案内。狛ちゃん。私が狛犬の魅力を情熱たっぷりに話すとパパが目覚める。ほんまやな!何でこっちはボールもってるんや!何でこっちは、ミニ狛犬下敷きにしてるんや!と、狛犬の魅力にはまる。よかった。これでパパの将来の趣味ができた。しかも、タダだ。素晴らしい。よかった。いいことをした。そして家に帰りひたすら私はコロッケ揚げ係。今年はエビフライもついてるの。有頭エビで準備していたのに人生で初めて有頭エビでエビフライをしたもんだから途中で全てのエビが上半身と下半身が分離。…全滅。ということで、エビの頭はお皿に突き刺す感じになってしまった。そしてお待ちかねのケーキ。泡立だたねー一向に泡立だたねーもう、いいや。と、ダラーっとクリームをかけてその上にいちごを飾る作戦に出る。でも、何でだろ。ちゃんとした生クリーム買ったのにな。植物性じゃなかったのにな。残念だ。そして、親が子に全力で歌ってお誕生日を祝う。来年は、こうやってお祝いできないだろうから。ホントにこれが最後かもしれない。そう思うとさみしかったです。
そして、誕生日の恒例行事は、アルバムを見ること。私の子供のころの写真はいっぱい出てきたのに子供の頃、見ていなくてお母さんの口からその時の話を聞きたかったなぁと思っていたので。可愛い娘。一歳の時の誕生日に映した写真です。あれから21年。私は子育てを上手にできなくて本当に怒鳴り散らして育ててしまったけれど写真を見るといつも幸せそうに写っています。それを何回も子供に見せて本当は怒鳴って子育てしたけれど写真は幸せそうなので自分は愛情いっぱいに育ててもらったんだと錯覚してくれるように、との作戦です。どうかこの作戦が上手くいきますように。今日、最後に娘から「今日はどの時を切りとっても楽しかった」しかないわ。ママ、パパを呼んでくれてありがとう。」と言われました。。゜(゜´Д`゜)゜。よかった。パパとママが娘のお誕生日を祝うなんて当たり前だけどコロナのことで当たり前じゃなくなっているところもあるかと思います。そんな中、娘のお誕生日をお祝いしてやれて本当によかった。悩んだけどパパとお祝いできて本当に、よかった。私にとっても、幸せな一日でした。