私らしく

実家に戻り

勉強と、家事と

好きなことだけしていたら

すっかり便秘が治ってしまった。

ふふふ( ´艸`)

妹から

ふいに

「お姉ちゃん、そんなに生き急いだらダメですよ。」

と、言われる。

え…そんなに?

そんな風に見えるかい?

これは、性分なんだよ。

回転して

回転して

ずっと回ってないとおかしくなっちゃうの。

そんな性分なんだと思うよ。

だけど、体はそんな性分用にはつくられてないから

目にきたり

便秘になったり

不調をきたすんだ。

こうやって

不意に時間をもらって

私はものすごく考える。

これからの自分と

これからの生き方と。

考えてもわからないけれど

かわいいくうちゃん(実家の柴犬)の

プリプリお尻を見ながら散歩に行き

ホカホカうんちを片付けて

「犬の直腸って、このぐらいの温度なのかな?」

とか不思議に思ったり

お父さんとお母さんにお経を唱えながら

昔、勉強をさぼって家を飛び出し

歩いていたら

しっかりお父さんに見つかって

「お母さんには黙ってて。」

とお願いしたら

無言で何も言わずとも

お母さんには内緒にしててくれたこととか

このお皿にはいつもお母さん

ポテトサラダを入れてたな。とか

そんな小さな思い出が

ポロポロ心に

わいてきて

私は

ずいぶん昔に封印した本当の自分が

このコロナ帰省を機に

ほっこりアタマを持ち上げてきているように思います。

私はこれからどうなるんだろう。

ゆらゆら流れに身を任せながら

必要な時には

今の形を変えて

残りの時間を過ごしてもいいな。と

思うようにもなりました。

少し前までは

絶対、こうしないと!

と、

絶対

がついていた言葉がたくさんあったけど

絶対をやめて

色々過ごしていきたいと思います。

明日もまた

私らしく過ごせますように。