嫌ねぇ。

ほんとは

何にもできない

子供だった私から

背伸びをして

色んなことが

できる風にして

ここまできたけれど

一人じゃ何にもできないし

こわいし

ほんとは何もしたくなくて

衛星にも見つからないような

誰もいない南の島に行って

誰もいない砂浜で

毛布かぶって

一人閉ざされた中で過ごしていたい。

と思う女が

もう

時々

限界。

と思う時があるのよ。

私をまとう

私という衣装を脱いで

本当の私を解放してやりたいけど

あんまり長く

お母さんの衣装や

会社の衣装や

インストラクターの衣装をまとっていたから

私がどんなものだったか

忘れてしまったのかもしれない。

時々

こわくて

一人

さみしいときがくるわ。

春は好きだと

昨日は書いたけど

本当は

春も嫌い

夏も嫌い

秋も嫌い

冬も嫌い

何もかもが嫌い。

毎日が

長く感じるわ。

もう

ほんとに

毎日が長くて

苦しくて

しょうがないの。

そう思うのが

本当の私かもしれない。

それも

もう

思い出せないけど。

季節の変わり目は嫌ね。

精神不安定だわ。

さ、あと少しパソコンパチパチして寝ます。

おやすみなさい。

春は大好き。

今まで

寒くて

冷たくて

硬い殻の中にあったのに

一気に殻を破って

外に向かっていくから!

そのものすごいパワーたるや!

中に向かう力から外に向かう力に変わって

外に向かう力が勝ったとき

表に立って伸びていくのよ!

外に向かう力は華々しいけど

中に向かう力があってこそ

外に向かうのよ。

私もいずれ外に向かって伸びていくことができるなら

今はまだ中に向かって力を蓄える時かしら。

ここのところ、口に出しては有言実行できず、ほら吹きのオオカミ少年のようになっていますが、言葉には言霊があると思っているので、やはり言葉にして、言葉に魂を宿してそれを力にしたいと思います。

好きだー

成功するぞー

他、なんでもいいと思うんだけど

うーん。私なら

たくさんの人に私を知ってもらうぞー

かな。

うーん。

何だろ。

違うな。

いや?近いかな?

んー

占星術的に言うと

たくさんの人に私を知ってもらいたいのは私の火星の力で、私の生きていく目的の太陽は影に隠れてるから、やっぱりこっそり人生生きるほうがいいのか。

ふふ

わかんね。←これこれ、そんなんでどうする。占い師よ。

頑張って香川のイチローになってね。と応援してくれる人がいるので

私、頑張ります!

石〇さん、ブログ見てますかー!今日はありがとうございました!お手紙大事にしまっておきます。ありがとうございました。

今日はスポーツクラブでのお仕事が最後でした。

長くお世話になったクラブさんでしたが、とうとう最後の日を迎えました。高松で最初にエアロビクスのレッスンから始まって、今はヨガを広める立場になっていることを不思議に思います。

私はこれからどうなるんだろ。

行き着く先も楽しみにしながら進みたいと思います。

みなさん、お世話になりました。

ありがとうございました。

そのスポーツクラブの私の写真です。

古っ!

幼なっ!

おままごとって…

子供の頃、遊んだ遊びは?との質問でした。

そうそう、ままごと、よくしたなぁ。

今日の狛ちゃん。

この、後ろからのフォルムがいいの。💕

ラブリー💕

今日の新作は

豚肉とニラと新キャベツの塩炒めよ。

こないだからどうしてもギョウザが食べたかったの。

でも、包むのも面倒くさいしどうしようと考えていたけれど

そうだ!

ギョウザの中身を炒めて一緒に食べたらギョウザになるんじゃね?

と思ったのよ。

結果は

ギョウザはギョウザで

豚肉とニラと新キャベツを炒めても、ギョウザにはならない。ということが判明しました。

ギョウザが食べたかったら、やっぱり包まなきゃダメなのね。

(´・ω・`)

残念。

写真

今日の一品は

大根とニンジンの酢味噌和えだ。

それだけだ。

えっ?

野菜の切り方が大きいって?

…んー

わが家に、ベビちゃんはいないのよ。

かみ砕けるわ。大丈夫。

それからね。

大根を塩に漬けて絞ったら

大量の水分が出てきて

“あーこれ捨てるの、もったいないなぁ。”

なんて思って

大根の絞り汁を、かき玉汁してみる。という冒険をしてみた。

ん。

塩辛いなり。

失敗なり。

特に、今日は大根に振りかける塩も普段より多かったなりよ。

ドバッとお塩をふってしまったなり。

それで、特に塩辛いなり。

困ったなり。

あとは、昨日のおやつは結局、私がポソポソと食べるはめに。

珈琲も、去年は断ててたのに

夏の旅行から解禁になってしまってるからね。

欲深いなりね。

さ、今日はパソコンの変換が面白かったので、その写真もあるの。

ね?

おかしいでしょ?

ぷぷ( ´艸`)

孔 のふりがなを付けようと思って

アナって打ったら

ANA

…たしかに。

アナだけど。

一番最初にくるか?普通?

笑うてしまいました。

( ̄∇ ̄)

え?

面白くない?

(´・_・`)

そう?

リメンバーミー

もう、ここのところ

ずっと

パソコン、パチパチ。

エンドレス、パチパチ。

さすがに飽きる。

私の大腸が

最近さぼるので

便秘に効きそうなツボに

鍼を打ってみたり

練習してみたり。

それでも飽きるので

1年ぶりぐらいに

DVDを観るなり。

去年、息子が仙台に巣立った頃

上映されていた映画なり。

映画館で観たかったけど

忙しくて

観れなかったの。

リメンバーミー

曲がいいなりよ。

そして見始め

日本語に吹き替えてるからパソコンパチパチしながら観れるなり。

そして最後はやっぱり泣いてしまうなり。

卑怯なり。

泣かせるように作ってあるなり。

策略にまんまとはまるなり。

鼻水ズルズルなり。

そんな山本は

ふと

お風呂上がりに

いつもなら30秒でスキンケアを終えるのを

じっくり

まじまじ

自分の顔を見ながら

今のこの顔が一番若くて

これからしわが増えて

シミも増えて

髪も白くなって

そうやって年を重ねていくんだな。と思うと

昔はこわくなかったのに

今は(今日は)

なんでか

とても悲しくて

あの時より

これから先

老けてしまうのが

悲しく思った一日でした。

年を重ねるのを

とても楽しみにしていたのに

年をとるのが悲しいだなんて

私にとっては初めての感情で

この年にして

私は

新しい欲が芽生えてしまったのね。と

自分が年を重ねながら

欲を払わないかんのに

欲を増やしてどうする。と思いながらも

心は止めることができないんだなぁと

しみじみ思ったりもした一日でした。

リメンバーミーめ。

リメンバーミーを観たからだ。

そうだ。

そういうことにしとこう。

今日の新作は

新キャベツとニラとモヤシの春雨炒め。

そして

悩む娘に

カップケーキ。

余計なことを。

と怒られてしまったけれど

外で作ったクッキーやチョコレートを食べるなら

手作りお菓子のほうがいいかと思ったのよ。

怒られても

何しても

私は心配し続けるわ。

その気持ちも

どうしようもないわ。

だって

お母さんだから。

おにぎり

朝は急ぐ娘に

「飯を食えー」

と言わんばかりに

おにぎりを食卓に置く。

朝はやはり食べず

お昼休みに

ポロッと戻ってきて

食べてまた出かける娘。

朝抜いて、お昼これだけなら足りんだろう。

今日の夜は飲み会らしく、それまでカロリーを抑える作戦らしい。

ふぅ。

心配なり。

野菜が、ないない、おっしゃる娘に

大根としめじとニンジンを炊くなり。

そして、煮物にいただいた凍み豆腐を入れてみるなり。

おぉ。

ふわっとした豆腐の香りがあるぞな。

そして、全体的に味が深くなるのね。

すごいわ。

美味しい!

ありがとうございます!

そして、隣には高野豆腐なり。

これはただ、私が食べたかっただけなり。

困った娘。

いつか、あの子が食べることに関して、考えなくても、よくなりますように。

お願いします。神様。

この言い方は…

お母さんの言い方だ!

お母さんはいつも私と妹に寝る前に、神棚に向かって手を合わさせて

「病気しませんように。怪我をしませんように。事故にあいませんように。お願いします、神様。」ってお祈り?させてたっけ。

懐かしい!

なんだ、私の言い方もお母さんの言い方と同じなんだね。

いつも、子供への心配は尽きないなり。

ケンカ

娘とケンカをするなり

本当に最近、少しのご飯しか食べず

あとはお菓子を食べる娘について

それならご飯を食べたほうがいいんじゃない?

という私に

「私は動いてないからそんなに食べれない。」

と言う。

その上

「例えばいつもの食べる量を食べてしまってそれでもお腹がすいていたら、お菓子はリラックスするものだから、お菓子を食べたい。」

という。

私が

「決めた量を食べてもお腹がすいているんなら、まだ足りてないんだからご飯食べたらいいじゃん。」

という。

「ロボットじゃないんだから、毎日運動量が違うし、仕事の内容も違うでしょ?ストレスも違うし。」

と言うと

「ママとは合わない。」

となる。

最近、私の作るおかずストックが少なくて食べるものがないらしい。

じゃぁ、お米を食べろよ。って話じゃん。

海苔だってあるし、ゴマだってあるし、それに卵はいつもあるでしょ?

卵かけご飯でいいじゃない。

と思うのよ。

それを言うと

「え?おかず無しでご飯でお腹いっぱいにするってこと?あり得ない。」

もう、娘の頭の中がおかしくなってる。

食べることに迷ってくると、ほんとに辛いんだよ。

食べるたびに、自分をいつも否定し続けないといけないから。

太ったらだめ。みたいなテレビだってよくない。

食べたらそれだけパワフルに動けるよ。

いっぱい、いっぱい、活動したらいいんだよ。

せっかくの週末なのに

娘とケンカして過ごすなんて、嫌だなぁ。

おかずがないない。と言われる最近のおかずシリーズ、つけときます。

もう。

文句あるなら自分で作っちくりー(。>A<。)

魔女の株式会社

今日は春分。

いつ、表舞台に出そうかと

思案していたけれど

このままだと

心に秘めていそうだから

表に出してあげようと思います。

これから先

私はどんな仕事をして

この世での

自分の使命を

果たすのか

わからないけれど

私の魂は

違うところにいる気がするので

私の人生の

終着地点まで

ゆっくり私の魂を

休ませてあげたいと思います。

私は子供の時から

何かを待っていて

これから先も待っているように思うので

この世で生を受けている間

私は

その何かは

何かを

探していきたいと思います。

私は以前

満月が好きでした。

力が満ちて特別な力があるように感じていたからです。

満ちた月の力は

地上に等しく

降り注ぎます。

気付こうが気付きまいが

等しく降り注ぐのです。

そんな大きな優しい月の力を

みんなにわけてあげたいとも思いました。

私は魔女になりたいと思うただの人間ですが

満月というだけで

幸せが増えるのです。

満月の光りを浴びた夜露の水滴はこの世の全てを浄化するようにも感じ

月が満ちる瞬間には

地上に生える植物が

一番美しくも思います。

魔女でありたいと思う限り

私は

この地上の豊かさを

魔女でなかった時よりたくさん

感じられるようになりました。

私は

この世に

魔女をたくさん増やしたい。

何気ない日常の

切り取った瞬間が

たまらなく愛おしく思える魔女を

どんどん増やして

この世に愛が溢れることを

本気で願っています。

そして

不思議な月の力を

人に伝えることで

私は

私の想いを届けたい。

満ちる月を

素敵ですね。

と言ってくれた人が昔いました。

私はそれが嬉しかった。

私のこの変わった気持ちを理解してくれたようで

嬉しかったんです。

これから先

私は

私なりに

一人

行動していたいんです。

私が子供の頃から感じていた

この“何かを待つ”

ということを

満ちていく月が

素敵だと言ってくれた人に

感謝の気持ちを込めて

私の生涯の活動としたいと思います。

それが

魔女の株式会社

です。

満月の不思議な力を

たくさんの人に伝えながら

私は

何かを待ち続けます。

私は何を待ってるんだろう。

これは

壮大なラブレターなの。

すごいでしょう?

会社の理念が

ラブレターだなんて

こんな会社

世の中に

私ぐらいしかしないです。

今世での役割を

私は私なりに努めます。

見よってね。

私はいつもこの世で心迷う人の幸せを願っています。

と、長く前置きがありましたが

さぁ。

ここからが本番です。

本日、春分の日をもって

私は

一人

満月の力を広める

会社を作りたいと思います。

今は名前だけだけど

満月にちなんだ商品を作って

私はいずれ

本当の会社にしたいと考えています。

そのために

本日、この世に

この会社の理念を公表し

私は精一杯

この世で

生きていくことを誓います。

魔女の株式会社

あるところに
神様の庭で
仲むつまじく過ごす
男と女がいました。

2人は一緒に過ごすことが
とても幸せで
毎日笑っては抱き合い
毎日抱き合っては笑っていました。

女は男から自分の名前を呼ばれるのが
好きでした。
優しく響く声で
名前を呼ばれると
この世の全てが
自分に語りかけているように感じるのでした。

男は女に触れるのが好きでした。
柔らかな頬をそっと撫で
優しい髪をすくと
荒れ狂う自分の心が休まり
人を愛しむ力が沸くのです。

2人はいつも一緒でした。
片時も離れる時なく
いつも
いつも
一緒でした。

そんな2人は
ある日
毎朝行かねばならない
神様への朝の挨拶の仕事を
すっかり忘れ
約束の時間になっても
挨拶に行きませんでした。

神様はたいそう怒り
来世では
2人を別れさせて過ごすよう
別離の罰を与えることにしました。
そうすることで
2人に仕事をすることの大切さを理解してもらいたかったのです。

神様は
女に
来世で男を忘れてしまう罰を与えました。
来世で2人が出会ったとしても
女は男だと気付かず過ごしてしまうのです。
たくさんの人がいる中で、どうやって男を見つければいのか、途方にくれ、女はさめざめ泣きました。

男には
来世で2人出会えたとしても
女には触れることができない罪を与えました。
男は女と触れ合い
いつもお互いの存在を確かめていただけに
その罰は男にとって
大変な試練でした。
その罰を知ったとき
男は絶望のために
毎日泣き続けました。

それから2人は
その世での命を終えるまで
毎日悲しみの中で過ごしました。

女が先に命を終え
後に男が命を終えました。

そして幾年が過ぎ
女が先に生まれ
後に男が生まれました。

お互い別々の地に生まれ
決して会うはずのない2人でしたが
お互い引き寄せられるように
同じ場所へと移ろい
年を重ねていきました。

そして
いよいよ
2人が出会う時がやってきました。

その日の空は大きく吹き荒れ
大粒の雨が降り注ぎ
二人の出逢いを
天がざわめき
驚いている様子でした。

そして2人は出会うのです。
女はただただ
涙がとまらず
自分の涙が不思議で
息をするのもやっとでした。

男は女と出会えた喜びに
大きく体が打ち震えました。
ですが神様の罰のため
女の体に触ることができませんでした。

お互い、会う機会が増すごとに
女は涙がとまらず
男はもどかしいばかりでした。

女は心を寄せる事ができず
男は体を寄せることができず
悲しみの中にいたのです。

あるとき、男は触れられないならば、と
光る小さな石を2つ
女にプレゼントしました。
1つは
涙の代わりに
少しでも笑顔を贈れるようにと
太陽のように温かい力がみなぎる
太陽の石を。
もう1つは
月が満ちる日だけでも
自分を思い出してくれるように
月の石を
プレゼントしました。

女はその石がなぜかとても愛おしく
いつも胸につけて過ごすことにしました。
すると、石を胸にあてて過ごしている間は
悲しい気持ちを休めることができたのです。

そんな時間を過ごしながら
やがて今世での別れの時がやってきました。

今世では、男と女はそれぞれの生活があったのです。

日増しに女の涙は
増えていきました。

やがてその流れ落ちる涙は
胸元に付けた
太陽の石と月の石に触れました。

太陽の石と月の石は
その女の涙を
そっと受け入れました。

するとどうでしょう。

女の悲しみに満ちた涙が
石を伝い
月夜を広げ
月夜は一瞬にして
満月になったのです。

女ははじめて男の顔をしっかり見ることができました。
男ははじめて自分の手が女の体に触れることができることを知りました。

男は恐る恐る
女の肌に
触れました。

女は涙の中で
男は昔
悲しみの中で別れた
愛おしい男だったと気付くのです。

2人は抱き合い
心を寄せ合いました。

ですが、その魔法の時間はすぐに終わります。
男の手は強ばり
女の目には涙が溢れ
2人はまた引き離されるのです。

それでも2人出会ったその時の
互いの涙があまりに美しいので
月は2人を許すよう
神様に乞いました。

神様は
今世で
2人が別々の場所でも
それぞれの務めを果たし
その命を
他の人の幸せのために
しっかりと使うのであれば
来世はともに過ごさせることを
約束しました。

2人は
心から神様に
感謝の気持ちを伝えました。

そして
この命を
他の人のために使うことを約束しました。

その2人の心が
迷いのない
美しいものだったので
月夜は2人に小さなプレゼントを贈ることにしました。

それは
満ちた月の時だけでしたが
今世で
お互いを見つけ
お互いに触れ合うことができる
贈り物でした。

2人は満月の時だけ
触れ合うことができるようになりました。

心を寄せて
男は女の名前を呼び
女は男の頬を優しくなでました。

男と女は幸せでした。
満ちた月夜だけではありましたが
お互いがお互いを愛することができるその幸せを
心から喜び
神様に感謝しました。

2人は今世もどこかで生きています。
来世で一緒に過ごせることを
願いながら
別々の場所で
懸命に生きています。

月夜には
不思議な力が宿ります。
決して会うことのない2人を
結ぶほどの力です。

みなさまに
この寛大で
優しく
慈しみ深い
月の力が
届きますように

満月の不思議を届ける

魔女の株式会社

3/21の7:00と10:43

明日はいよいよ春分の日!

やったー!

春分は、太陽がおひつじ座に入る日!

おひつじ座は、始まりの星座!

星占いでは

おひつじ座0度をスタートラインとしています。

春分は、太陽がおひつじ座が0度に入るということでもあるのです。

今までうお座の深い海の中のようなところにいた太陽は、この世の全ての形をなくし、本質へ戻ろうとしてきました。

そこから一気におひつじ座で太陽は飛び出します。

それは、もう、ポーンと飛び出すんです。

ふふ( ´艸`)

どんな格好で飛び出すんや。

もう、なりふり構わず、ポーンっていくんやと思います。

そんなん気にしとる場合ちゃうからです。

もう、それは、生まれるそのエネルギーに満ちています。

春の若い流れとも関係するのだろうと思うけれど。

とにかく、春分は飛び出す!

そんな感じです。

また、太陽は自分の輝かせ方や、生きていく目標などと例えられたりします。

その太陽が新たな新しい1年を目指しておひつじ座入りするんです!

やったー

春分!

ハッピーバースデーならぬ、ハッピー春分!

やっほー

これからの1年は

どんな1年になるでしょう。

わくわくしながら進んでいきたいです。

よくみなさん勘違いされるのが月と太陽です。

よく“しし座の満月”などと言葉を聞かれると思うのですが、これはお月様がどの区間(サイン)にいるかで言われます。

今回は

太陽がおひつじ座に入ったので、春分だと言われています。

では、太陽がおひつじ座に入ったころ、月はどこにいるかというと、3/21の7:00の段階ではおとめ座にいます。

そして月は10:28にてんびん座入りして15分後、満月になるのです。

なので、今回の満月はてんびん座の満月です。

春分の日の満月なんて。

なんだかもう、わくわくです。

てんびん座のキーワードは

・バランス感覚

・調和

・社交性

・美的センス

などが挙げられます。

満月ですので、これらの分野で成長していると、何か手応えのようなものが感じられるのではないかと思います。

私的にはてんびん座さんは疲れている人が多い気がします。

それまでは、おひつじ座からおとめ座まで、自分磨きの時を過ごしていたのに、急にてんびん座からは、対人関係について学んでいくからです。

他者を見て、自分をそこに合わせていく能力が高いので、自分は疲れていたりします。

今回のてんびん座満月のホロスコープも、お月様が一人ぼっちで沈んでいました。

でも、すごく表面は華々しいんです。

今回の満月は。

だけど、一人、心がさみしかったりするかなぁ。

太陽はおひつじ座だし、燃えてるし、華々しいけど、その奥には一人、さみしさがあったりするんじゃないかなぁって思うホロスコープでした。

とー

もー

かー

くー

明日の7:00と10:43

見逃すなかれ!

です(*´▽`*)

今日の写真

私のお気に入りの狛犬のこまちゃん。

こまちゃん…わき〇…生えてるんやね。

豪華やね。

お手入れしてね。

冥王星の次は土星

今日はね

私の火星が

どんなになったか勉強をしようと

魔女の本を開く。

私の先生が

これよりもっとすごい本を持って(今は絶版)

私にアドバイスをしてくれていたのを思いだす。

こんな数字だけの本

何書いとんやーと

その時は思ったけど

自らこの本を開くようになるなんて。

私も魔女の見習いぐらいにはなったかしら。

そして

恐るべし事実を知る。

え、私の火星の真上に今度は土星がおるやん。

知らんかった。

いうか、ノーマークやった、土星。

土星ちゃん。

土星は教師的役割。

いつも、その人に

「ほんまにそれでええん?もっとできるんと違う?」

と聞いてくる。

だからか!

私のやる気の火星の上に土星が乗ってしもとるから

そりゃぁ、いつも

私のやる気に対して

土星が

「あんた、もっとできるんと違う?さぼってない?」

と追い立てるわけだ。

なーるーほーどー

そうか。

それで、こんなに追い立てられるように火星が回ってたのか。

なるほど。

いつぐらいから火星の上に土星が乗ってきてたんかね?

えーと、何々?

2019/1/16ぐらいから乗っかかってきてたね。

なるほど、この頃は第一の候補の店舗を内覧してたね。

ふーん。

そして3/12に真上に乗っかり今は3/20でしょう?

まだまだのいてないね。

いうか、まだ真上やね。

普通だったら、そのまま天体は遠ざかっていくんやけど

4/30からは土星はリターンに入るやないの。リターンは逆行ね。

一度遠ざかっていったのに、また戻ってくるんよ、土星ちゃんは!

そして6/21にまた真上に乗っかって

9/18に土星は順行に戻るので

またまた12/7に土星は私の火星の上に乗っかっかるのよ。

なんと!

そして完全に影響から外れるのは2020/1/21

まだまだだな。おい。

ふぅぅ

生きていけるんか?私。

限界まで追い立てられるんとちゃうか?

大丈夫か?

もし、6/21、12/7頃もしくは2020/1/21まで、私がまた何かに心囚われて動いていたら

「ちょっと、山本さん。土星に負けたらいかんよ。」

と言うて下さいませ。

私は2020まで保つ気がしません。

この前、友達に新店舗の相談をしたら

「美枝ちゃん、今の運気はどうなってるの?自分のキチンと見てね。」

と言われる。

そうなのよ。

自分の人生だから自分で運気を見たらいいんだけれど

私、あんまり見ないのよ。

だって、なるようにしかならないんだもの。

星は絶対よ。

だから、私みたいな浅はかな人間が考えた内容なんかで動くわけないのよ。

必死で動いて、そこではじめて星の意味が見えてくるの。

そんなことを言いながら

去年、私が恋をしたときには

占いサイトみたいなところに登録して

色々相性占いみたいなことを見てみたわ。

そして、ふと

「あれ?私、もしかして自分で相性占いできんじゃね?」

と、その時はじめて自分が占いを勉強していたことを思い出すのでありました。笑

でも、やっぱりダメね。

感情が入るからね。

だって、どう見ても合わないんだもの。笑

だけど、私の頭は

「いやいや、それでもこの組み合わせは逆を見れば深いだろう。」

みたいに自分の都合のいいように見てしまうのよ。

それが自分でわかるだけに面白かった。

だめよ。

恋占いはサイトに限るわ。笑

楽に見れるわね。

さ、今日も少し寒かったけど、

よい一日となりました。

3/21は春分の日。

スタートの日。

私は1つ、この日に新しい活動をスタートさせるぞ。

私の生涯の活動のスタートにさせるのじゃ!

これもまた、火星+土星のなせるわざかね?

今は種まきかな。

火星+土星の力で、いっぱい種をまいて

そして何年か後に

それを刈り取っていけたらいいな。

(*´ー`*)

春分の日は始まりの日です。

みなさまも何か気になっていることありましたら

スタートさせてみて下さい。

上手く歯車にのって回っていけたらいいですね(*´▽`*)

微力ながら

上手くいきますように。と応援魔法、送っておきます。( ´艸`)

平均点

今日は

四国のピラティスのインストラクターさんが集まっての

ブラッシュアップ。

みんな、参加者様が

どうにか楽に

健康になってくれるよう

励まれている方ばかり。

1年に一度

お会いできるかできないかの方もいらっしゃいますが

こうやって

ディブランチに来ていただけるのは嬉しいです。

田舎のお母さんになったつもりで

私も勉強に頑張ろう(*´ー`*)

そういう私には

学校から成績が届きました。

正確には

私の妹のところに成績が送られてきました。

保護者宛に届くからね。

妹が

「開けにくいわ。」

と私のところまで未開封で

届けてくれました。

開けてみると

ほとんど平均点より上だったのに

東洋医学概論だけ

平均点より10点も下だった(・_・、)

なぜ?

けっこう書けたんだけどな

あ、あれか

肝の機能の

疏泄(そせつ)の漢字を思いだせなくて

漢字で書けなかったやつがあるから

それで点数下がったのか?

いや、それにしても10点も下なんて…

くー

負けたー

と、妹にラインしたら妹から

「負けてええ。ぼちぼちでええ。」

とラインされた。

ほんまじゃ。

負けたんは

試験期間中の自分の集中力や。

試験期間中

新店舗計画と

もう一つの会社の下準備もしよったけんね。

そりぁ、時間足らずになるやろぅ。

今回の新店舗挑戦で

私はね

今世の

自分の出世欲を全部出し切ったように思います。

なんか、膿みたいな感じやった。

吹っ切れた。

でも、そのぐらい

真剣に考えたんです。

でもいかんかった。

いかんかったけん

悔いないです。

どこか

誰かが書いてたな。

冥王星の力を自分のエゴの力に使うと、ほとんどが無残な結果に終わります。

なるほど。

私の勉強不足やった。

冥王星の偉大な力を

私は自分の欲に使うつもりだったんかもしれん。

冥王星の力が

あたかも私を成長させたかのように思ったんやろか。

冥王星は死と再生の星なんやから

今までの形が残るような変化ではいかんのよ。

もう、津波のように

跡形もなく変えてしまうんが冥王星なんやから。

私には

まだしばらく心の休養が必要かも。

春休みは

ゆっくり自分のやりたい勉強して

ゆっくり過ごそうと思います。

そんな今日は

娘と悪い子の食事。

日本ハムさんだかのピザと残り物でスープ。

最近、情緒不安定な娘は

昨日さんざん私の悪いところを

私に披露しながら

ポロポロと涙をこぼし

最近あった

しんどかったことなどを話してくれました。

そんな時、私は娘の体をマッサージしてやります。

けちょんけちょんに言われるけれど

最後には

「ママはママじゃなくて友達がいいね。」

と言っておりました。

複雑な気持ちだけれど

私と母の関係では

そんな言葉は出なかったので

まぁ、そう思ってくれてるだけましか。と前向きに捉えることにいたします。

最近、私の心も強ばってるのかなぁ。

ブログが面白く書けないなぁ。

春休み、ゆっくり過ごして

またいつもの山本に戻りまする(*´ー`*)