おにぎり

朝は急ぐ娘に

「飯を食えー」

と言わんばかりに

おにぎりを食卓に置く。

朝はやはり食べず

お昼休みに

ポロッと戻ってきて

食べてまた出かける娘。

朝抜いて、お昼これだけなら足りんだろう。

今日の夜は飲み会らしく、それまでカロリーを抑える作戦らしい。

ふぅ。

心配なり。

野菜が、ないない、おっしゃる娘に

大根としめじとニンジンを炊くなり。

そして、煮物にいただいた凍み豆腐を入れてみるなり。

おぉ。

ふわっとした豆腐の香りがあるぞな。

そして、全体的に味が深くなるのね。

すごいわ。

美味しい!

ありがとうございます!

そして、隣には高野豆腐なり。

これはただ、私が食べたかっただけなり。

困った娘。

いつか、あの子が食べることに関して、考えなくても、よくなりますように。

お願いします。神様。

この言い方は…

お母さんの言い方だ!

お母さんはいつも私と妹に寝る前に、神棚に向かって手を合わさせて

「病気しませんように。怪我をしませんように。事故にあいませんように。お願いします、神様。」ってお祈り?させてたっけ。

懐かしい!

なんだ、私の言い方もお母さんの言い方と同じなんだね。

いつも、子供への心配は尽きないなり。