3/31

娘が帰ってしまう。

空港で早めにモーニングにしよう。と、一時間ほど早めに到着して、私はお決まりの珈琲。娘は、今朝はチャイをチョイスする。

珈琲を飲まない娘は、いつも楽しそうに色んな飲み物を選ぶ。

朝、私は娘の迷惑にならないように必死に家事を済ませ、昨日の疲れからか、体が強く浮腫むので、マッサージとヨガまで丁寧にする。自分を優先すると、家事(=家族)に迷惑がかかるように感じているので、いつも体のケアは後回しだ。

それから仲良く家を出るも、大阪は雨。あわてて私は部屋までかけあがり、傘を持ってでる。

最寄り駅で、目の前の電車を前に、この電車だのそうでないだの、もめる。

先行きが怪しい。

阪急の蛍池という駅で伊丹空港行きのモノレールに乗り換え。

娘を思い、重たいスーツケースを手元において、娘のパソコンをシートの横において乗っていた私。座席に座る時に、ふと、パソコンを忘れそうだから、忘れないようにしなくっちゃ。と思うも、蛍池で、後から乗ってきたおじさんに

「バック!忘れてるよ!」

と、言われ、あわてて閉まりかけた電車のドアをこじ開け、足を一本ドアに挟んだまま、おじさんからバックをもらう。

セーーーーーーーーーーフ。

私は、心臓がドキドキして、足も震えるほどだ。

よかった。

本当によかった。

電車でもめて、パソコンまで忘れそうになった母親を、娘は温かくゆるしてくれる。というか、ゆるすも何も、最初から怒ったり等しておらず、いつもニコニコだ。

(写真は、娘の搭乗便ではありません…)

「今までで、5本の指に入るほど、楽しかった!」

と、最後まで笑顔だった娘。

娘は今年から、いよいよ本格的な勉強が始まります。

ついていけなければ、容赦なく落とされる世界の中で、どうかあの子の体が耐えられますように。

あの子が、毎日を、笑顔で過ごすことができますように。

どうか、娘をお守りください。

さ、私は娘と来た道を、今度は一人で帰らなくっちゃね。

これから先、振り返った時に、私もまた、よい一年だったと、思える一年にしよう。

どんな風に時間を重ねていくかは

自分の気持ちと外からもたらされる力との中で

まだまだわからないだろうけど

それでも

今のこのひとときが

これから重ねる時間の土台になることには、間違いないので

どんな風になろうとも

私はこの、今の瞬間を

最高の時間として味わいたいです。

娘ちゃんのおかげで幸せな時間を過ごせました。

ありがとう。

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表

©2016-2022 Mie Yamamoto