金の鍼 銀の鍼

童話のように

鍼を水に落としてしまいました。

「あなたが落とした鍼は、金の鍼ですか?それとも、銀の鍼ですか?」

「いいえ、どちらも違います。私が落とした鍼は、使用期限の過ぎた、人体にはさせないステンレスの鍼です。」

「なんと、正直な。正直ものの美枝さんには、この金の鍼と銀の鍼もあげましょう。」

…とは、ならないみたい。

みかん鍼。

何日目かは、忘れましたが、今日も粛々と練習です。