娘ちゃん語録

娘は、とてもシビアである。

辛辣である。

的を射ているのだ。

今日、ヒジキを茹でた。

シーチキンと和えたら、今流行の無限ピーマンのようになるのではないか?

そして、娘にそれを伝えると、

「いいんじゃない?」

と言うじゃない?

そうね!

やってみるわ!

そしてヒジキを茹でる。

でも…

でも…

シーチキンの缶かんが残りの一個だったの。

(´・ω・`)

貧乏性の私は、シーチキンがもったいないのだ。

シーチキンを使った料理など、私にとっては清水の舞台から飛び降りるほどなのである。←どれだけの勇気なのか。

そして娘に言う。

「あんね。シーチキン、なんか、もったいなくなってきちゃった。このまま、茹でたヒジキをポン酢で食べたらいいんじゃない?」

と、娘が

「どうせ、〇〇(息子の名前)は食べないだろうから、ママと私だけが食べるんでしょ?いいんじゃない?」

ありがとう(*´▽`*)娘ちゃん。

と、そこで娘にまた言われる。

娘「ところで、無限の意味は?ツナが入ってたら無限なの?」

私「え?違うんじゃない?無限に他べれるほど、美味しかったら無限と名乗れるんでしょ?」

娘「そうなの?それにしても、1週まわって、ただのヒジキに戻っちゃったね。もはや、料理でもなんでもないよね。素材だよね。」

(´・ω・`)

はい。

素材を湯通しして、アクティブな素材にしただけです。

無限ではありません。

ただの湯通しヒジキです。

すみませんでした。

そして、母は、野菜のゆで汁がもったいなくて、捨てるのに躊躇した。

この中に、栄養全部あるような気がして!←全部では、ないであろう。
ゆで汁にお塩をふって、飲んでみた!

(*´▽`*)

美味しい!

ゆで汁、美味しいじゃん!

栄養いっぱいな感じするぅ!

と、娘に

飲んでみ?

飲んでみ?

と声をかけると、

「まだ、そこまでいけてない。(ママみたいに自分を捨てれてない。の意)」

(´・ω・`)

美味しいのに。

明日、このゆで汁で、おじや作ってみようっと。

今日の夕食

お魚が、めっちゃ馬やった。笑

ゲタも炊いたのだ。

お母さんのところへ持っていくなり。

今日のお母さん、娘、息子弁当。

ノー野菜。ノーヘルシー。黒いのは冷凍焼きそば。
たまにはえんじゃー!

野菜はないけど、朝から愛情サンドしたで!

美娘いわく、美味しかったそうです。

やった( ´艸`)

さっきまでハンバーグ焼っきょったんです。

明日は私の妹の誕生日なので。

ハンバーグやサラダを持って、妹が家事をしなくてもよいようにしたいです。

さ。

みなさま。

おやすみなさい。(*´▽`*)

山本 美枝

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表