鍼灸院のホームページができました!

柿の木レディースこども鍼灸院

みなさま

昨日、ホームページが産声をあげたこと、報告を受けました。

まるで、初めての子供が産まれるのを、ドキドキしながら病院の廊下で待っている新米パパのような気持ちでした。

本日、みなさんに周知してあげてください。と、力強い応援もいただきましたので、みなさまにご報告させていただきます。

鍼灸院の名前は

柿の木レディースこども鍼灸院です。

今回、お借りしたお家には、古い柿の木が一本あります。契約書には、この柿の木からなる柿は、私が食べてよい旨、記載されているほど、大事な財産です。笑

初めてこのお家に内覧に伺った際には、とても優しそうなおじいちゃんと、この柿の木が私を出迎えてくれました。

このお家は、かつて、おじいさんが家族を迎えて子供を育て、お仕事もここでされていた場所だそうです。

私は今までたくさんの古いお家を見に行きました。それは、値段が安いということも理由の一つとしてあげられますが、建物には、歴史があります。

私はとても未熟で、これから学びはじめるスタートラインにたっただけですが、あの優しいおじいちゃんが、大事に大事に積み重ねてきた時間もまた、私の背中を押してくれたように思うのです。

また、柿の木は、みんなに好評であるほど、甘い実がなるそうですが、そんな美味しい柿を食べた人は、きっと美味しくて笑顔になるでしょう?

この敷地の中にできたものが、人を幸せにする。そんな素敵な場所を借りられたことを、私は本当にラッキーで幸せだと思いました。

それから、実は色々あって、契約までに試練がたくさん出てきたのですが、そんな試練は私には何も影響しませんでした。

それほど、あのおじいさんが時間を重ねてきた場所。そしてみんなに幸せをお裾分けする柿の木があること。この2つの力には何も影響しなかったんです。

柿の木という言葉を鍼灸院の名前にいれようと思ったのは、内覧を終えて2日後でした。そして、そのアイデアが思い浮かべられたことがとっても嬉しくて、おじいさんに電話をしたほどです。

私の実際のおじいちゃんでもないのに!笑

おじいさんは

「ええですよ。使うてください。」

と、言うてくれたのを覚えています。

あの場所で、柿の木がたくさんの人を幸せにしたように、鍼灸院に来てくださったみなさまが、幸せを見つけてお帰りいただけるような場所にしたい!

そう思って名付けました。

私がバタバタしているので、ホームページも、まだ準備中のところもあるのですが、オープンに向けて、ホームページやさんもそれはもう、精一杯に力を注いで下さいました。

鍼灸院開設にあたっては、多くの方に支えていただきました。

私はただ、鍼と灸をもっていくだけです。

この開設にいたっては、本当に目に見えないところで多くの時間と労力が割かれています。

何度も悔しい思いをして、声をあらげ、抵抗したこともありました。

この数ヵ月間、私は本当に色んな経験をさせていだきました。

ここに、支えて下さった全てのみなさまに、心より感謝申し上げます。

あ、そうそう。なんでレディースこども鍼灸院にしたかというと、私はいつも、女性の見方で世界を見ているので、男性は男性の鍼灸師さんにお任せしようと思ったのと(私の同級生の中でも、2/3は男の子です!男性の鍼灸師さんのほうが多いです。私より腕の達者な鍼灸師さんが、男性患者さんを見てくれるだろうとの考えです。)、鍼灸院の名前の中にこどもを入れたのは、こどもほど、可能性を秘めている存在はなく、どのようにでも変わっていける存在であるに関わらず、大人の身勝手な考えの中で、その大いなる生命力をすり減らし、体に“しんどいよ”と信号を発している場合がたくさんあります。その小さな信号を、見逃したくない。そしてそれを守るのは、お母さんもしくは、ご家族、もしくは、その誰もにこどもを守る力がないければ、回りの大人。誰でもいい。「私が力になるよ。」そう言ってくれる大人が一人でもいてくれたなら、その子の力になると思ったんです。

私は、世界に自分から声をあげる力がない女性とこどもの存在を、精一杯守ろうと決意しました。

オープンは2/4。

立春です。

亡くなったお母さんの誕生日でもあります。

春が立つ日。

素敵でしょ?

これから陽の力が育っていく日に鍼灸院がオープンします。

午前中まで学校に出るつもりです。養成科1年最後の授業なので。それから急いで新幹線で帰るので、夕方18:00~20:00までの開院ですが、誰も来てくれなくていいんです。(いや、そりゃ来てくれたら嬉しいけど、何の準備もできてないと思います…鍼と灸だけは持っていきますが。)

何より、私の思いを伝える場所ができたことが、何より嬉しいです。

とりあえず、今、その準備をしていますが、一向に終わらない。

オープン当初はみなさまにご迷惑おかけするかと思いますが、鍼と灸は、心をこめて施術します。

鍼と灸と。そして山本に興味のある方は、ぜひ一度柿の木レディースこども鍼灸院にお越しください。

ほっこり甘い幸せな時間をお裾分けしたいです。

©2016-2022 Mie Yamamoto