1/1と1/2の朝ごはん&おやつまで

みなさま

あけまして、おめでとうございます。

新年そうそう、ブログを飛ばしてしまいましたが、それはそれは、年末から年始にかけて、ものすごいドラマがありまして、ぐったりなのでございます。←新年早々、言い訳からスタートよ。いいでしょう。

12/30から息子が高松の私の実家に帰ってきているのでございますが、パパのほうにも泊まれるのに、私のほうに来る。それは、私にとって、至上の喜びなのてですが、妹にとっては、そうではないのでございます。(準備があるからね。)

そして息子は、30日の同窓会は深夜4:00に帰宅。(○○君のお父さんに送ってもらった。←いや、方向違うだろうし、みんな可愛い息子のために、深夜までスタンバイですよ、スタンバイ。すごいね。)

次の日は、パパに会いにいく。と言うものの、パパは10:00においでー。と言ってくれるけど、起きれるわけがないじゃないの、あの子が!

そして私はパパに「昨日遅かったから、少し寝かせてやりたいから12:00ぐらいでいい?」

と聞いたり、なぜ私がこんなに水面下で調整をしなければいけないのか。

パパからは「ええーよー」

と返事がきて、お昼はどうも、親戚一同集まるらしい。(以前、山本のお母さんにご挨拶に行こうとして、パパが、今、ええよ。と言われていったら、親戚一同集まってて、どうして別れた嫁がこんなところにいるのか。風な空気の中、図々しくお茶をすすってきた山本。)息子に、「何か手土産あるの?」と聞くと「ない。」なんでじゃ?あなた、仙台からここまで来たんちゃうの?などと思いながらも、手ぶらで行かせるわけにもいかず息子も「何かあったほうがええやろねぇ。」という。お前が準備してこいやー!と思いながらコープに行って、ハーゲンダッツのアイスクリームを購入、持たせる。その間「まだ、こんの?」などとパパから連絡があり、(息子に直接聞けやー!!)「もうちょっとまってよ、ごめんね。」など、返す。

そして、私は鍼灸院の掃除、くうちゃんの散歩。年越し蕎麦を食べて、お雑煮の準備、チンゲン菜の調理。

息子は、1/1~1/4まで、大阪に来てくれるそうで(当初の計画では、私の書類仕事がたまっているので、鍼灸院で畳を出して、2月のお寺ヨガのお寺へご挨拶。畳を受け取り、施術ベッド、その他もろもろを受け取る。のが今回の大きな目的)用事を済ませたあとは、大阪もどってひたすらパソコン仕事をするわ。と行っていたのでございます。それが12/28でした。だけど息子が12/30~1/1まで高松帰るわ。などと連絡してきて「どこに泊まるん?」と聞くと「○○姉ぇんち。」…いや、それ私の実家やし。私、おらんし。妹が息子の世話をするんかい?それは大変やろう。そして、何かおかしいだろう。。。そう思って、私は高松に残ることに。結局、鍼灸院の掃除ができたのでよいのですが(いつも、結果、こうなってよかった。と思うようにしている。)、12/31は、仲のいい3人グループでの食事会にでかけ、最後はそのうちの一人の家で、お邪魔していたのですが、そこのお家の方から、「みんか大きくなったねー。」などと写真が送られてくるも、深夜までお邪魔して申し訳ないわ。とあう私の気持ちもあり、迎えにいく!と宣言。新年あけて0:40に息子とその友達を車にのせて送ってきたのでした。

そんな息子は、仙台から青春18キップで帰省しており「島根と山口に行ったことないけん、山口行ってから大阪いくわ。」など、理解不能なことをいう。

方向、違うと思うけれど息子にとったら同じ西日本なのだろう。

そのためには始発の電車にのらなければならないので、早くに寝た息子でしたが「何か、無理な気がする。眠いわ。」と言って寝たのが、私がのんびり8:00ぐらいに起きると息子の靴が玄関にあり(ああ、行ってないのね。)などと思って、半ばほっとした(体が心配だった。)のですが、妹は、自分の家で、勝手に姉の親子が深夜にうちチョロしたあげく予定もすっかり変わっているので

「何で?言ってないやん。びっくりしたわ。」

他、色々小姑みたいに言われてしまい、カチンときた私は、「ええやろ。寝かせてやって。疲れとるから。」

「ようけ寝よるよね。」

「もう、ええやん。言わんとってやって。」

などと姉妹ケンカが勃発。めちゃめちゃ陰険なムードになっているところに息子がのほほーん。と起きてくる。

その日の夜に大阪に息子が来るので当たり前ですが、私はそれまでに大阪に戻っていなければならず、一緒に帰ろう。と言うと「いや、18キップあるから。」と、息子はどんな時も青春18きっぷで青春を謳歌したいらしい。

とにかく、こんなに長く高松にいるつもりもなかったし、息子の布団もせめて風にあててやりたかったので

お昼過ぎには大阪についていたかったけど、息子がなかなか起きてこないので、どうしたもんか。と悩みながら、いや、でも、もう待てんわ。と12:00過ぎの電車で帰ることに。

そうして私がコートを羽織っていると、息子が起きてくる。一瞬顔をみて、私は大阪へ。妹とは、険悪なムードのまま。

そして、15:30頃大阪に戻って、布団をほして、息子の部屋をつくって、ごちゃごちゃしたお正月を過ごしたのでした。

私はいつも好き勝手させてもらっているので、幸せですが、妹は、自分の生活を乱されて本当に大変だと思います。申し訳ないな。

さ、写真です。

いってみましょう!

餡餅雑煮は私の担当。かまぼこと黒豆は妹担当。今年はお節担当の娘がいないし、バタバタしたので、これだけです。こんなのブログであげると恥ずかしいのかな?それでも、私には、充分な幸せなお正月でした!
少し早いお昼。鮭フレークは、冷凍したやつ。温かいご飯にのせるんだから、と、凍ったまま食卓に並べてみました。…。これで、いよいよ、妹の冷蔵庫の中は、私が来たときのままになりました。迷惑かけずにすんだ。よかった。
大阪につくと、どこも休みなので息子にご飯を作ってやりたくても、どうしたもんか。と困っておりましたが、コンビニでお世話になりました。お正月も働いてくださって、山本は助かりました。ありがとうございます。
息子から19:00頃つくわ。と連絡あり。逆算して、お風呂とご飯を17:00に出来上がるようにひたすら頭をフル回転。
お正月に、開いていたたこ焼きやさんでたこ焼きをゲットしていたので、息子に少し大阪気分を味わってもらえたのではないかと思う。それにしても、あんなに楽しかった食卓も、こうやって写真にすると質素ですね。

家につくなりお風呂にいかせ、その間、ご飯を並べる。お風呂から出てすぐに「ご飯食べれる?」ときくと、今日は何も食べてないらしい。息子らしい…

息子には、冷凍していた鶏ミンチいり。鶏団子にしたかったけど、時間がなかったの。

そんな息子と、寒い大阪の家で、温かいお鍋を食べてほっとしました。全てコンビニ材料です。

1/2のヨガは台所スタート。私の部屋は荷物と室内物干しでパンパンなので、私の
生活が台所になる。
1/2朝ごはん。納豆にキムチがこんなに美味しいなんて、これでは普通の納豆だけの食事が物寂しくなってしまうではないか。贅沢になるって恐ろしい…戻れないじゃん。

おやつもあるよーん。銘菓、観音寺。人生初。昨日、高松駅で、あるのを初めて見かけたの。こりゃー息子こも来るし、買わんといけんやん。と購入。1200円。私だけだったら、絶対買わんやつ。

これも全て、妹や息子、パパ、パパのお母さん、パパの親戚一同、息子の友達、そのご家族のおかげ。関わってくださったみんなのおかげ。そして、このブログを待っていてくれて、見てくださるみんなのおかげで私はこんなに幸せです。

ありがとうございます。

今年は『無理をしない。』これが私の今年の抱負です。人生で初めてです。前に進む系の抱負以外で抱負をたてたのは。

無理をしない。というのが、私の中で大きなチャレンジだからです。笑。そして、自分の能力と、器の体を自分で理解できるようになったら、ぼちぼちと、一つのことに腰を据えること。目標にできるよう、シフトしたいと思います。本当は、直で『一つのことに腰を据える』としたかったけど、私には、まだまだそれは道の遥か遠い、達人の域なので今年の自分では達成できそうにありません。

いつか、あのタロットカードにでてくる遠い山々のように、成熟された考察ができたらいいのですが。

今年も長い旅路となりそうです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表

©2016-2022 Mie Yamamoto