2/20

え。もう、20日?

早い。

それにしても、寒いです。

昨日は雨がしとしとずっと降りましたからね。

そんな昨日の夕方のこと。

お客様がお帰りになってすぐくらいに、またピンポン。とチャイムが鳴る。

あれ?何だろ。荷物の予定もないのにな。

すると、玄関のすりガラスの向こうに、ピチピチ陽の塊の影が見える。

誰じゃろ。

すると、聞き慣れた声がする。

でも、聞き取れるほど鮮明ではない。

ガチャっとドアを開けると

なんとそこには、妹がおりました。

「部屋着のまんま来ちゃった。恥ずかしー。はい。準備して?」

と、言われるも、何の?

と答える姉。

「あれ?ラインで、今から準備して帰るよーって連絡くれたやん。雨やから、そらそら迎えにいかないかん。と思て、迎えにきたんや!」

…ん?してないよ。今、お客様お帰りになられたところやもん。

「あれ?でも、ほら。ラインに。」

と、見せてくれたラインは、昨日の夜のラインでした。

「えー恥ずかしー。ほんなら帰るわ。」

と、帰ろうとするので、まぁ、院内みて帰り。と引き止める。

玄関に入るなり、妹が

「おばあちゃんちの匂いや!」

と、叫び

トイレを覗いては

「懐かしー!」

お風呂場を覗いては

「ひろーい!」

台所を覗いては

「食器棚は、ここかのぉ。」

と、入る予定のない食器棚の配置まで決めてくれる。

ここは、くうちゃん部屋やね。

と、まさかのくうちゃんの部屋まで決めてくれ

「ほんなら帰るわ!」

いうて、帰っていく。

嵐か?

そんなエネルギーの塊の妹が

家に帰って話をしてくれる限りには

「お姉ちゃん。私、他のお灸のとこ(妹の中で、私の鍼灸院はお灸のとこ。と表現されています。)知らんけど、他も、あんな雰囲気満載なん?あれ、子どもがきたら罰ゲームやで。早く帰るー言うて、大泣きするわ。」

うち、レディースこども鍼灸院なんやけど。

そして、今日はくうた君の散歩に行くために、早く鍼灸院を切り上げて、久しぶりに夕食を家で食べる。

なんか、ほっとする。めちゃくちゃ。

ほっとする。

朝ごはん。昨日残ったおにぎりとおかず。足りないので、もう一膳ご飯を足す。

朝ごはんを食べながら新聞を読むのは、超幸せな時間の一つ。起きる時間によって、超幸せな時間になるか、普通の幸せな時間になるかが決まるけど。

手前の影は、スマホを手にする山本です。笑

野菜炒め弁当。詰めるだけ。

おやつのパン。イチゴジャム入り。
潰れたお弁当。かわいい。今から食べるぞって思う。←前も言った。
今日は、パソコン仕事がはかどる。少し安心する。お日さまが当たると、少し温かい柿の木。ほんのりお灸の香りとお日さまの力。

最高に幸せです。

夕食は、妹作お好み焼き。

まるい。

姉妹でこうも違うのか。

これにチンしたお豆腐

その他。

お好み焼きは、私の中で、おかずの部類に分類されております。

ご飯がほしい。。。

明日はお休みなので、目一杯体を休めます!

おやすみなさい!

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表

©2016-2022 Mie Yamamoto