忘れられない詩

私には

忘れられない詩が一つあって

でもそれが

誰が書いた詩か

いつも思いだせないの。

言葉の端が

少し違っているかもしれないけど

ご主人様を亡くされた

作者が(渋谷のりこさんだったかな?)

ご主人様とのご縁を詠まれた詩です。

“魂と魂が

触れ合った

ただ

それだけのような”

山本 美枝

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表