12/29

今日は“にく”の日ですね。

いきますよ。

みなさん、うらやましい。とおっしゃるに、違いありません、映像をお見せします。覚悟はいいですか?

はい!

じゃじゃぁぁぁん!

肉の日の夕食。

わんだほー

お肉です。

「お姉ちゃん、あのお肉、いつ食べる?お正月?誕生日?」

ずっと言われ続けたステーキ肉。

実はこれ、お中元に親戚のおっちゃんから、「美枝ちゃんと○○ちゃんに。」と、私達姉妹に送ってくれた、食べたら元気100倍になるお肉なんです。(ずっと冷凍していました)

でも、二人でゆっくりご飯を食べれる時がなくて、今回の“にくの日”スペシャルとなったのでした。

二人でお肉を食べて、あー幸せやねぇ。と昨日に引き続き感動し、まったりできたのでございます。ありがとう。おっちゃん。

で、そんな私は、今朝は納豆ごはん。

美味しかった納豆も、これでおしまい。また大阪に帰ったら、納豆食べるぞ!やっと、納豆が好きになりつつあります!

ご飯のあと、おうちの片付けをして、妹が用事から帰ってくるのを待って車を借り、“お値段以上、ニトリ”さんへ。

鍼灸院の机と椅子を買いに。だけど、色々あって、オーブンには間に合わないみたい。いいんだ。ベッドさえあれば、何とかあるだろう。←いや、難しいと思われる。

ま、ほんまに何とかなるやろ。

で、その他もろもろ(段ボールを縛るロープとか、雑巾とか)を100均で買って、娘に送る愛情便の中身をコープさんで買う。

そうこうしていると、ふと

山本のお母さんに会いに行こう!と思いたつ。←別れた旦那さんのお母さんである。私とパパは別れているけれど、今でも子供達を可愛がってくれる大切なお母さん。

「お母さん、今、おうちにおる?」

「おるでー」

よし。なら、いこう。

そして、コープさんに戻り、パパが好きなお肉ともろもろを買って、お母さんのところへ。

「これ、お肉。○○さんが好きやったから。」

と、渡すと、お母さんも息子の好きなものを買ってきてくれたので、きっと喜んでくれたと思う。

「うわぁ、ありがとう!」

そんなお母さんの顔をみると、ああ、きてよかったな。と思う。ブログ用コメントではなくて。心から。

そして、お母さんが入れてくれた美味しい珈琲を飲み、こたつの上にあったお菓子を勝手に

「お母さん、これ、食べていい?」

まるで、我が家のようにくつろぐ山本。

そうこうしていると、出掛けていたパパが戻ってくる。会うの、久しぶりや。

で、ごちゃごちゃ話をし、(話すのは子供のことだ。)「じゃぁ。」と言って帰る。

そして鍼灸院により、応接間と玄関の掃除。毎日少しずつしかできないけれど、一気にはできないので、ちょっとずつするんだ。

また、電灯の動画を撮ったので、お好きな人はご覧になってください。

電灯2

電気がパチパチつくだけだけど、素敵なの。大好きなんです。このおうち。色々あったけど(またいつかお話できるようになったらお話します。)私、本当にこのおうち、大事にしたいんです。

あら、写真はこれだけみたい。

明日は息子が帰ってきます。会うのが楽しみです。

さ、みなさま。おやすみなさい!

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表

©2016-2022 Mie Yamamoto