オリオン座

家に帰る。

今日は星空が

とっても綺麗だった。

むかーし

小学校の理科の授業で

天体観察というのがあって

冬の空のオリオン座と

あと

ほら

なんだ。

北の空に浮かぶ

Wみたいな形の星座

ほら

あれ

なんだっけ?

その星座を

21:00

0:00

と時間を変えて

観察して

どのぐらい場所が変わっているかを

見てみたの。

でも

0:00だと暗くて心配だからと

お父さんが

観察に

ついてきてくれたのを

思い出したの。

もう

35年も前の話だけれど

私には

ついこの間のように

思います。

と、家に帰りながら

昔をちょっと

思い出しました(*´ー`*)

土俵

“ON、OFFができない。”肝タイプ

“いつもメニューがすぐに決められない。”脾タイプ

“色白で疲れやすい”肺タイプ

とか、色々。

まるで性格判断みたいな項目で

人の体質を決めるのが

今習っている

鍼灸の世界だ。

まぁ、いいよ。

確かに、タイプはあるだろうから。

だけどさ。

会うなり

「この人は、肝タイプやね。すぐイライラするでしょ。」

と言われても

あなたは私の何を知ってるんですか?

と言いたい。

私はこの人と

トータル10分も

今まで

接しておりません。

そんなことで

あなたに私の

何がわかるんじゃい。

こんな

えらそげな

鍼灸師にだけは

絶対になりたくない。

そして

これが

いい鍼灸師と

されているなら

私はいい鍼灸師になんか

なりたくないわい。

鍼灸の世界も

どこの世界も

一緒じゃ。

だけど

その世界に入らんことには

ワーワー小言を言ったところで

はじまらん。

同じ土俵にたたんと

文句は言えんのよ。

悔しいけれど

私にはまだ

文句をいう資格もないのよ。

くそー

悔しい

悔しい

悔しい

くやしぃぃぃぃい!