土俵

“ON、OFFができない。”肝タイプ

“いつもメニューがすぐに決められない。”脾タイプ

“色白で疲れやすい”肺タイプ

とか、色々。

まるで性格判断みたいな項目で

人の体質を決めるのが

今習っている

鍼灸の世界だ。

まぁ、いいよ。

確かに、タイプはあるだろうから。

だけどさ。

会うなり

「この人は、肝タイプやね。すぐイライラするでしょ。」

と言われても

あなたは私の何を知ってるんですか?

と言いたい。

私はこの人と

トータル10分も

今まで

接しておりません。

そんなことで

あなたに私の

何がわかるんじゃい。

こんな

えらそげな

鍼灸師にだけは

絶対になりたくない。

そして

これが

いい鍼灸師と

されているなら

私はいい鍼灸師になんか

なりたくないわい。

鍼灸の世界も

どこの世界も

一緒じゃ。

だけど

その世界に入らんことには

ワーワー小言を言ったところで

はじまらん。

同じ土俵にたたんと

文句は言えんのよ。

悔しいけれど

私にはまだ

文句をいう資格もないのよ。

くそー

悔しい

悔しい

悔しい

くやしぃぃぃぃい!

山本 美枝

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表