ほんとは

学校生活はね

ほんとは

あんまり楽しくないの。

今日、こんなこと書くつもりなかったんだけどな。

最近、ブログに書くことと

自分の気持ちがチグハグ過ぎて

ブログから遠ざかってしまう。

私は勉強したくて

したくて入学してるでしょ。

でも、そうでない人もたくさんいるの。

温度差があるの。

先生も、そう。

学生に教えたい。と思って教壇に立つ人もいれば

なんで、この人先生してるんだろ。

なんて思う人もいるの。

そんな人たちは

みんな口を揃えていうの。

「みなさんが興味なさそうなので。」

なので私、思わず今日いっちゃったわ。

「私は知りたいです。」

やる気のない私たちに、教えても無駄だ。と思って力を抜いて授業をしているんだとしても

そこで自分の力をセーブして

授業をしてるなら

その人の成長は絶対に、ないわ。

どんな時でも

どんな人に対しても

熱意を持って

過ごすからこそ

成長があるの。

私はそう信じてる!

どんなに有名な先生でも

どの瞬間でも丁寧に。

どの人に対しても尊敬をもって

接することができない人に

成長はないのよ。

悔しいの。

毎日そんな中、授業を受けて

それでも

私には知識も経験もないから

太刀打ちできなくて

つまらなそうに授業をする先生の一言一言を

聞き漏らすまい。とおこぼれをすくいながら座っている授業が

悔しくて

悔しくて

悔しくて

悔しいの。

ヨガの世界にいて

ヨガの世界に幻滅し

鍼の世界をのぞいてみたものの

鍼の世界も

結局は

同じなんだわ。と悲しくなる。

今日はこんなお話だった。

「一日、40人も50人もくるような有名な先生の話を聞いたんですけどね…」

なんだ、その形容詞は。

一日に40人も50人もくるようなところが鍼の世界では格があがるのか。

あほらし。

私はそんな形容詞、いらん。

私は

私のところに来てくれた人が、少しでも楽になってくれたらそれでいい。

もう、あほらしすぎて

腹が立つけど

それでも

私は

私の話なんか聞いてもらえないの。

私が無名で生徒だから。

ばかばかしいわ。

トレーナーの世界だって、そう。

あの芸能人のトレーナーしてる人。

あのスポーツ選手のトレーナーしてる人。

本当の一流のトレーナーは、誰についてるか、なんて絶対に言わないけど

2流3流になると

誰々のトレーナーしたことある。

なんていうの。

どの世界も同じだわ。

私もそんな低俗な欲が

ムクムク頭を持ち上げてくるときがあるけれど

そんな時、私は

心に釘でもなんでも

ガリガリ刻んでいたいのよ。

私の前に座ってくれた患者さんやヨガのお客様に、精一杯、誠心誠意、向かい合えますように。

心にガリガリ刻んでおくわ。

くそー

くそー

くそー

くそー

人を癒し、治療しようとする卵が集まる学校なのに

私はまた現実を突きつけられて

心が疲れてきているのかもしれないな。

そんな風に思いました。

学校からみた木。

一カ所だけ、赤く紅葉?してるの。

不思議でしょ。

今日はお肉尽くしよ。

杏を見つけたから

冷凍して、時間あるときに

杏酒作りにチャレンジしようと思います。

学校の楽しい話でなくてごめんね。

毎日、心が緩めなくてギチギチになっていくのがわかるの。

少し休まなきゃ。

さあ。もう寝よう!

おやすみなさい!

追記

学校の先生がみんなそうでないことを書いておかないと。

教える。ということを

一生懸命にして下さる先生もたくさんいるの。

いい学校です。

不思議よね。

そんな先生の授業のときには

みんなしっかり聞くの。

「何でみんなもっと真剣に聞かないんだ。」

とか、そんなとこ一言も言わないのに

きちんと

熱意がある先生の授業は

不思議と聞くんだよ。

これは自分のレッスンのときの反省として

感じています。

ヨガのレッスンが上手くいかないときは

私の何かが未熟な時なんだ。

改善すべきは自分であって

決して改善を人に求めないこと。

これができていないと

レッスンが上手くいかない。

これは、私の自分の仕事に対して

反省する点。

毎日反省なんだなぁ。

さ、ねなきゃ!

おやすみなさい!

山本 美枝

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表