疲れちゃった

疲れちゃった

お母さんは元気。

でも、みんなが思っているような介護じゃないんだよ。

昨日も不安定になって

「誰か!これは殺人です!誰か!助けて下さい!この柵から出して下さい!」

と叫ぶ。

足が動かないので救急車を呼んでくれと大騒ぎ。

尿管や心電図の電極を外そうとしたり、5分おきに

「ちょっと来て。」

と呼びつける。

妹が介護している時は

「寝よんちゃうやろね。」

と、寝たら怒る。

元気になってくれるのは嬉しいけれど、妹も私も、もう限界。

お世話をしても、どんなにしても満足してくれないのは、昔と一緒。

でも時折、優しいお母さんの顔が出てくるの。一日にほんの一瞬だけ。

その時はありがとう。と言ってくれるの。

辛いわ。

ものすごく。

学校も、どんどん引き離される。

娘とは、会っていないし、この先、娘が就職するまでほんの数年、一緒に過ごしたかったけれど、それも叶わなそう。

妹が

「お姉ちゃん。これから先、一緒に暮らそう。寂しいから。」

と言ってきた。

それを聞いたからには、私はもう外には出れない。

娘と。

娘と居たかったなぁ。

いままで、上手に子育てしてあげられなかったから、せめて、あの子とあと少し、一緒に過ごしたかった。

先々週かな…

いつものように学校に行ったっきり、実家での生活になってしまった私。

引っ越しの荷物も開いていないのに。

この数カ月は、一体どうしたんだろうと思うぐらいの忙しさだった。

私、負けてしまいそう。

疲れちゃった。

山本 美枝

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表