命日

今日はお母さんの命日でした。

2年前の今日、

妹から電話があって、

医大に駆けつけたこととか

夜中の2:00ごろお寺さんに来てもらって

お経?をあげてもらったこととか

朝方、誰もいない葬祭場にて

お母さんの横に横たわって

テスト勉強しながら

“今、お母さんを独り占めや。”

と思ったり

こんな時なのにものすごくお腹がすいて

何もないから近くにあった

柿ピーを1パック全部食べて気を紛らわしたこととか

色んな事を思いだすんだ。

お母さん。

もっと一緒におりたかった。

もっとお母さんのことを

知りたかった。

そしたら、お母さんのことを理解してあげれたんではないかと思う。

お母さん

今は会えなくて

さみしいと思います。

私はもっと

お母さんに

甘えたかったんでないかと思います。

お母さん

今日からお母さんが亡くなって

3年目を目指して時間が過ぎていくんやね。

時間は進むばっかり。

あ、そうか。

それは、生きとる私たちからみたことか。

時間は大事にせないかんなぁ。