祝日

今日は祝日だけど

学校が普通にありました。

明日も

土曜日も

普通にあります。

みんなは“面倒くさーい”というけれど

私は学校に行けて

幸せだと思う。

学校で色々あって

本当に腹の立つことばかりで

単位という名のもとに

私は今までの45年間の経験を

けっちょんケッチョンに馬鹿にされながら

我慢して耐えてきました。

腸が煮えくりかえるように感じたりしたこともあるけれど

昨日は息子からこんなラインが

息子にしては、日本語が通じてない文章だ。

疲れているのだろうとのわが家の見解。

息子は高校3年間を

必死で過ごして

今の大学に入り

大学に入ってからも

1年と半年

今のコースに入るために

必死で勉強してきて

やっとの思いで

夢だったコースに入れたのに

このコロナで学校にいけず

勉強したいことも勉強できてないのに

何ひとつ文句も言わず

私の健康を心配してくれる。

娘は娘で

受験のためにかかるホテル代など

ケチって(それ、どこのホテル?)みたいなホテルに泊まろうとするのを

私がやめなさい。というから

ケンカになる。

幸せなケンカだ。

私は一流の人は

何をさせても一流だと思う。

それは挨拶や、廊下ですれ違う時でさえも

一流の人は一流の所作があるんだ。

今まで

イライラしていた私は三流というか、その人と同じ土台にもあがれていないんだ。

また明日から

気持ちを入れ替えて

私は一流になる修業をしよう。

私の言葉。

私の態度。

私の所作。

全てが修業なんだ。

夕食は…

これも修業?

いやいや、これは幸せなご褒美です😌

ご飯が部屋で食べられる。

とっても幸せなご褒美です(*´ー`*)