マヨネーズ弁当

3日ぶりに

違う味のお弁当だ。

と言っても

鶏のそぼろは前からあるから

見た目が違うお弁当が

3日ぶりだ。

粉ふき芋は

マヨネーズが美味しいと思う。

マヨネーズ…

この世で発明された調味料の中で

魅惑に満ちた調味料のうちの一つだと思う。

この今日のお弁当なら

このお弁当一面に

マヨネーズを絞り出し

まるでのり弁のように

真っ白なマヨネーズ弁当にしてもよいと思うほどだ。

実際にはならないけど。

最近、鍼の刺入深度について考えることがあり

レントゲン写真に興味がわくようになる。

その時に、臓器についても考えることがあって

ふと、思う。

私の胃袋、こんなサイズなのに

ほりこむ量はその何倍もだな。と。

私はストレスで

後悔するまで食べることがしばしばあって

そんな行為は

食事を上手くコントロールできている人にとれば

私はだらしない部類になるんだろうな。と

自分が情けなくて

惨めで

悔しかったけど

そうやって

胃袋に

何かを入れていないと

バランスが保てない体だったのかな。とも思います。

今日、はじめて

胃にどのくらいの量を入れてあげると適量なのか。と思うことができて

私は自分のそんな考え方に

ビックリして

少し嬉しかったです。

私も少しずつ

変化していけてるかな。

そうだったらいいな。

みんな

みんな

悪い人なんていないです。

ちょっとしたことで

変わっていくから

ちょっとしたことで

良くなると信じています。

うん。

そう信じています。

まっきっき

まっきっき

たくあんで

許してね。

他は昨日と全く同じよ。

黒いのはおナスなの。

ね?

同じでしょ?

いいの。

お昼からの活力になったらいいの。

「美枝さんのお弁当、大きいですね。」

なんて、同級生から言われるけれど

2年ぐらいかかって

私のお昼の適量というのがわかってきた。

しゃもじにたくさんすくって

1.5杯。

これが

お弁当を食べ終わっても

お菓子を食べたくならない

ちょうどいい量よ。

他の人は関係ないわ。

だって、私のお弁当だもん!!!