5/4と5/5

うえっうえっうえっ

今日は悲しいことが2つ。

一つは、なぜか今日は平日だと勘違いしていた山本は、同級生と後輩へのお土産を携えて学校に出かける。るんるんで。しかし。見事学校は閉鎖されていたなり。←そら、そうであろう。シャッターまで見事に閉まっていたなり。さみしいなり。家に帰ってすることといえば、ふて寝することだけなり。2時間も寝たなり。おかげで昼寝はしなかったなり。←当たり前である。

もうひとつの悲しいことは、柿の木がオープンしてから、山本は漢方について、パソコンを開いては、コツコツコツコツまとめをしていたのでござる。漢方に興味がある方は多いけれど、みんなよくわからないで飲んでいる方が多いです。

漢方は、本当はその人に合わせた処方がいいです。だけど、日本では、漢方を取り扱う会社がそれぞれの配分を決めて、出しています。

繊細な調整が効かないのと、ちゃんと、ベースとなる体のことをわかっていないと、間違った飲み方になるから、生薬の産地から効能、例えば加味逍遥散だったら、当帰、芍薬、白ジュツ、茯苓、柴胡、牡丹皮、山梔子、甘草、生姜、薄荷が含まれます。会社によって、その分量が違います。そんなことまで見て漢方を選ぶ人も少ないんじゃかいかと思って、当帰はどんな植物で、どこに生えてて、どんな効果があってとか、色々まとめてたんですけれど、薬剤師でもなければ、登録販売者でもない私が、効能のことをどれだけ書いたって、信用性がないんです。でも、だからこそ、私が漢方について知りたいことを一つ一つ丁寧に調べてみなさんにご紹介したいと思って今までめちゃくちゃ頑張っていたのですが、私の能力では限界がある。と思って、今日、断念することにしました。他にもしないといけないことがたくさんあって、自分で自由に使える時間が少ない中、もっと有意義なことに時間を使ったほうがいいのではないかとも思ったので、今日、ここに断念することをお伝えします。

あ、でもいいこともあったんだよ。昨日ね、柿の木の大家のおじいちゃんから電話があったんです。取れなくて、折り返し電話したら

「あぁ、ちょっと手が触れて、間違えたんや。」

と、言うではないですか。

ああ、それならええんです。とお話しを続けていると

「ブログ、見たよ~。」

と、ほんわり優しく言ってくれるではないですか。

なんと!

また、その言い方が、何とも言えない柔らかさなんです。

「ようけ(柿の木を)映してくれて」

とも話をしてくれたので、これからバンバン柿の木の写真を出そうと思います。

おじいちゃん!見てますか?柿の木に、ようけの人が来てくれよります。今回の4月5月も、予約でいっぱいでした。6月も、空きはあと2名ほどです。

おじいちゃんが電話でこう言うてくれたんです。

「もうけたらええんやけど。」

なんと!大家さんが、借り手の仕事のことまで心配してくれるなんて!そんな大家さんがいますか?やっぱり、あの柿の木にしてよかった。大家のおじいちゃんが大切にしてきたお家を、私も大事に使わせてもらおうと思います。おじいちゃんの優しい気持ちが、私の発展途上の鍼にプラスされて、来てくれる患者さんがほっとするような施術ができますように。おじいちゃん!ありがとうございます!草抜き、頑張っよるけんね。

と、そんなこんなで昨日はブログをサボりましたが、漢方のことばっかりやってました。うーん。東洋医学は焦っても何も身にならんね。しかし。諦めんぞ。よく言うやない?ノーベル賞を受賞するような人は「あきらめたらダメって。」なんかそんなに大それたことはしてないけど、だけど、みんなに知らせたかった気持ちは間違ってないと思うから、方法を変えてまた頑張ります。

 

長野先生のご本が大変なことに。でも、長野先生の文章を理解しようと思うと、これだけの教科書がいるってこと。

©2016-2022 Mie Yamamoto