次髎穴

昨日はブログをさぼってしまった…です。

悲しいです(・_・、)

一日、一度はみなさんとお話したいです。←一方通行だけど。

昨日はバタバタで

今日もバタバタ。

明日は愛媛の先生のところに勉強会!

明日の勉強会は楽しみ!

少し賢くなってこれたらいいんだけれど。

いかんせん、鍼が下手くそなので

どうにもならん。

悔しいです。

一昨日には

便秘の鍼の授業があって

天枢 腹結 大腸兪 腎兪 次髎穴に鍼をされる。

先生が

「誰かモデルになってくれる人…」

と言い終わるか言い終わらないかのうちに

「はい!はい!はい!」

を手を上げ自主立候補。

先生が

「山本さん、便秘なの?」

「はい、便秘です。」

と、改めて書くと超恥ずかしい会話をしていたな、と思うけれど

そのまま先生の前に寝る山本。

お腹はずるっと出され

夏に噛まれたダニのあとをみなさんにご披露するはめに…

(´・ω・`)

そして、背中…

次髎穴だから

相当お尻のほうだけど…

いいわ、そんなの気にしてたら便秘なんて改善しないのよ。

そして次髎穴に鍼を。

授業なので仙骨穴に3センチ鍼を刺入。

実際は6センチ入れても平気よ。なんて先生がいう。

おそろっしゃ。

そして、いよいよ、ブスッと鍼が入る。

…ウッ

「山本さん、大丈夫?」

「…」

ズーンとくるなり。

うっと息が止まるなり。

それでもいい感じはするなり。

彼が出てきてくれるためなら、私は何だってするなり。

ズンぐらい平気なり。

そして、先生のデモが終わると

今度は生徒同士が鍼を刺し合いするなり。

同級生からも

次髎穴にブスッと刺されるなり。

2度目はあんまりウッとこないなり。

だけど、ブスッとしてもらうなり。

その上、ほじほじもしてもらうなり。

利きますように。

その日の午後も、実習で、その時は肩周りの四十肩への鍼の授業だったけれど、

時間があまった同級生はこそっと私に

「次髎穴、もう一回いっときましょか? 」

と言ってくれる。

そんなにやって大丈夫か?と思うも

同級生の優しさが嬉しかったのと(息子と同じ年の女の子なり。)

私の彼は頑固なので、

トドメを刺しとかないといけないな、と思い

お願いする。

そしてまた、鍼でほじほじしてもらう。

うん。

利きそうなり。

そして、次の日!

ラリホー(*´▽`*)

きたきた!

彼が、きたーーーーーー!

彼が、土足で部屋に上がってきた感じ!

そして、今朝もまた

ほじほじしてないけれど

彼が

きたーーーーーー!

今度も、土足で人んちに上がり込んでくる感じなり。

なんと。

効果絶大な次髎穴。

ちょいと荒治療だけれど

下剤飲むよりいいんじゃね?

ただ、残念なことに

自分じゃできないんだよねー

明日はたんまり

勉強してこよう。

次髎穴に頼らず

自分で排泄できるように

勉強してこよう。

楽しみなり。

油が少なすぎて

寄せて

揚げる

の図。

おいしかったなり(*´▽`*)

山本 美枝

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表