休日の朝

できるだけ

多くの人に

出会い

多くの人に

私を知ってもらいたい。

ずっと

ずっと

そう

願っていました。

昔から。

中学生のころから。

ディブランチのdは

その意によく似ています。

今日、

私は気付く。

その気持ちは

大切な人に

自分を受け入れてもらえなかった時の

防御策であることを。

私を受け入れてもらえなかったときの

痛みを分散して

心がバラバラになってしまいそうになるのを

私は

防いでいたのかな。

愛する対象が

一人か世界か。

ずっと

そう感じてきた

その意味が

今日わかったわ。

昨日の夜は

魔女講座で

嫌になるほど

また

自分のホロスコープを読む。

私は

どうして

こんな風にしか考えられないんだろう。

一人か世界か。

どちらも

許し

受け入れることもできるのに

私には

それが

難しい。

ここ最近は

穏やかな日々。

母が亡くなって

はじめて

自分で息をしている感じ。

誰にも

依存せず

自分で

進んでいくこと。

こんなに穏やかな気持ちは

本当にはじめて。

どうしようもなく

欲しくて

欲しくて

仕方のなかったものが

亡くなったからなのか。

私は

これから進んでいく先を

丁寧に

見極めていかなければいけない。

今度は

誰のせいにもできないからだ。

私は装飾品を身につけるのが苦手。

昔は付けていたけれど。

みずがめ座らしく

物や感情は

決して

同じ形でとどまることをしないと理解しているから。

だから

亡くした時の

喪失感がこわくて

それなら

いっそ

何も

持たないほうが

心が

破れないですむわ。

と思う私の気持ち。

でも

心の奥で

人の気持ちだけは

変わらないと

信じたい私の気持ち。

そして

例え

破れるほどの

気持ちであるとわかっても

それを

自分が受け入れた時

私の気持ちは

少し

成長できる気がする。

今日のタロットは

STRENGTH 力

結局

自分の気持ちも

制御することが

できない。

久しぶりに

本当に

久しぶりに

コーヒーを飲みながら

いただいたお花とお菓子をいただいて

本を読む。

もう

ボロボロになってしまった本。

何度も

何度も

読み返して

私の細胞に

その空気を刻んだ本。

“冷静と情熱のあいだ Rosso”

私は

もう一度

自分について考える。

早く

私の

本当の心を

地中深くから

掘り起こさないと

私はどこに

自分の心を埋めてしまったのか

わからなくなる。

今日は穏やかな日。

お仕事がない日。

先生でもなく

生徒でもなく

母親でもなく

お姉ちゃんでもなく

私が

私でいられる

この今。

私は

自分を捜していく日。

山本 美枝

投稿者: 山本 美枝

香川県高松市を中心に活動する、ヨガ、ピラティスのインストラクターです。 エミーライフ株式会社 代表取締役/d.branch studio (ディー・ブランチ・スタジオ) 代表